【急性胃腸炎.com】〜暴飲暴食によるもの〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ityouen21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは急性胃腸炎の原因、暴飲暴食によるものについて詳しく説明しています。

急性胃腸炎の原因として、アルコールや脂っこい食事などの暴飲暴食が挙げられます。なぜ暴飲暴食によって急性胃腸炎が発症してしまうのでしょうか。

人は何か物を食べると胃が消化の準備を始めます。消化の準備とは、内容物を泥状に溶かす胃酸を分泌することです。胃酸は強酸性で、消化と同時に殺菌効果もあります。胃が胃酸によって消化されないのは、胃壁が粘膜で覆われている事と、胃酸と同時に中和する重曹も分泌しているからです。

健康的な体の人の胃は、これらが上手く作用して消化がスムーズに行われているのですが、暴飲暴食による胃酸過多が原因でこのバランスが崩れてしまいます。食べるのが多いとそれに比例して胃酸も多く分泌されて胃酸過多となるのです。
これにより胃がむかついたりキリキリと痛んだり、胸焼けがするといった色んな症状を起こす胃炎を引き起こしてしまうのです。

特にアルコールの飲み過ぎは胃液の分泌に大きく影響をもたらします。アルコールは分子が小さいサイズの為、胃の粘膜を通り抜けて直接胃に刺激を与えます。お酒は適量であれば胃の消化を助けてくれるのですが、二日酔いになるくらい深酒をしてしまうと胃に負担をかけてしまい、逆効果となってしまうのです。

日頃のストレスの発散の為、好きなものを好きなだけ食べたり、お酒が大好きな方は非常に多いですが、今一度自身の食生活を見直し、出来る限り規則正しく食事を摂るように心掛けましょう。


⇒ ストレスによるもの

⇒ ウイルス感染によるもの

⇒ 細菌感染によるもの

⇒ 薬物や中毒によるもの

sponsored link



【急性胃腸炎.com】TOP

copyright©2014  【急性胃腸炎.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved