【急性胃腸炎.com】〜原因に対する根治療法〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ityouen21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは急性胃腸炎の治療について、原因に対する根治療法を詳しく説明しています。

急性胃腸炎の治療は、原因に対する治療と症状に対する治療を行うことが必要となります。原因に対する治療は、まず原因を特定することが不可欠ですので、糞便検査や血液検査などの検査を行います。以下にそれぞれご紹介していきます。

【原因に対する根治療法】
暴飲暴食によるもの
アルコールを普段から大量摂取されている場合は、アルコールを当分控えるか量を最大限減らす努力をする必要があります。また、脂っこく消化の悪い食事ばかり好んで摂取している場合も、食事制限が必要となります。

ストレスによるもの
ストレスを無くすことは難しくても、軽減することに努めます。いわゆるストレス発散に自分なりの方法を見つけられるのが最善です。スポーツなど体を動かす、趣味に興じるなど、数ある方法の中から自分に合ったものを選びましょう。

ウイルス感染によるもの
ウイルス感染に対しては抗ウイルス薬を用いることもありますが、基本的には対症療法のみとなります。ほとんどの場合、体の持つ自己免疫機能によってウイルスの増殖を抑えて自然に回復します。

細菌感染によるもの
細菌感染に対しては抗生物質を用いることがありますが、原因菌によっては効果を示さないことや耐性菌に発展する逆効果の場合もある為、慎重を期します。
また、ビフィズス菌などのプロバイオティクスや、これらを増やす作用の菌製剤は、病原細菌の増殖を抑える働きがある為、治療によく用いられます。

薬物や中毒によるもの
抗生物質起因性胃腸炎に対しては、抗生物質を服用することを中止する必要があります。アレルギー性のものは、原因となったアレルゲンに近付かないよう注意するのが最善です。


⇒ 症状に対する対症療法

⇒ 予防について

sponsored link



【急性胃腸炎.com】TOP

copyright©2014  【急性胃腸炎.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved