【急性胃腸炎.com】〜急性胃腸炎とは〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ityouen21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは急性胃腸炎について、急性胃腸炎とはどんな病気なのか詳しく説明しています。

急性胃腸炎とは、胃や腸に急性の炎症が起こった状態の事を言います。激しい腹痛や下痢、吐き気に嘔吐などの症状があり、酷い場合は意識混濁や脱水症状を引き起こすこともあります。安静にするだけで自然に回復する程度のものから、入院治療が必要な重症例もあるほど非常に怖い病気でもあります。
俗に言う食あたりや食中毒なども、急性胃腸炎を起こす原因として広く認識されています。

急性胃腸炎はその原因により、感染性のものと非感染性のものの大きく2種類に分けることが出来ます。以下に説明していきます。

【感染性急性胃腸炎】
ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルス感染によるものや、サルモネラやカンピロバクターなどの細菌感染によるものなどは、他人にも感染する可能性がある感染性急性胃腸炎と呼ばれます。

【非感染性急性胃腸炎】
これに対し、アルコールや脂っこい食事などの暴飲暴食によるものや、日々の精神的なストレスによるもの、抗生物質などの薬物や食品アレルギーなどの中毒によるものなどは、他人には感染する可能性が無い非感染性急性胃腸炎と呼ばれます。

特に感染性急性胃腸炎は、細菌が繁殖しやすい7月〜10月の暑い時期、またウイルス性のものは11月〜2月の寒い時期に最も患者数が増える傾向にあります。
程度の大小含め、年間でおよそ100万人を超える患者数が居ると言われるほど、私達には身近な病気とも言えます。乳幼児ではロタウイルス、成人を含めるとノロウイルスの感染が毎年流行する時期に話題になっています。


⇒ 胃の構造と役割

⇒ 腸の構造と役割

⇒ 症状について

sponsored link



【急性胃腸炎.com】TOP

copyright©2014  【急性胃腸炎.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved