【急性胃腸炎.com】〜薬物や中毒によるもの〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ityouen21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは急性胃腸炎の原因のひとつ、薬物や中毒によるものについて詳しく説明しています。

急性胃腸炎の原因として、特定の薬品の服用によって起こるものが挙げられます。薬剤が直接粘膜を刺激し障害を起こす直接的な場合と、薬剤による腸内細菌の変化がもたらす間接的な場合に分かれます。
基本的に現代医学においては前者は稀で、多くが後者によるものです。この場合ほとんどが抗生物質が起因しているため、抗生物質起因性胃腸炎と呼ばれます。
症状は急性胃腸炎の症状と同じく、激しい腹痛や下痢と嘔吐、発熱などが挙げられます。

他にもアレルギーが原因となる中毒による急性胃腸炎もあります。乳製品や穀物、魚介類などの特定のアレルゲンを摂取することで、アレルギー反応が胃腸炎を引き起こすアレルギー性胃腸炎とも呼ばれます。ペニシリン系の抗生物質に対するアレルギーなども含まれます。
摂取後の数分〜2日以内に症状が現れ、腹痛を伴う下痢、嘔吐、血便などが見られます。重症の場合は、アナフィラキシーショックや脱水症状などの症状も起こることがあり、非常に危険です。

またフグ毒によるテトロドトキシン中毒なども、急性胃腸炎を起こす原因として挙げられます。


⇒ 暴飲暴食によるもの

⇒ ストレスによるもの

⇒ ウイルス感染によるもの

⇒ 細菌感染によるもの

sponsored link



【急性胃腸炎.com】TOP

copyright©2014  【急性胃腸炎.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved