【急性胃腸炎.com】〜予防について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ityouen21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは急性胃腸炎の予防について、詳しく説明しています。

急性胃腸炎を予防するためには、まず健康的な生活を送ることが大切です。暴飲暴食、不摂生は避け、ストレスや疲れを溜めないように日常生活を送るように努めましょう。感染性急性胃腸炎に対しては感染を予防することが重要です。以下にご紹介していきます。

【食品からの感染予防】
●加熱処理
ウイルスや細菌は食品や水の摂取からの感染が多い為、食材の保存状況や調理法などには十分な注意を払うべきです。ノロウイルスなどは熱に弱い為、しっかりと熱処理された場合は感染する可能性は非常に低くなります。ただし、熱処理によってウイルスや菌が死滅していても、菌が作り出した毒素などが加熱では分解されないこともあり、この場合は食中毒を起こしてしまうこともあります。
この為、食材や調理品に菌を付けない、また増やさないということが非常に重要な予防のポイントとなります。特に暑い夏の時期の食品管理には細心の注意を払いましょう。

【人から人への感染予防】
●糞口感染
特に注意しなければならないのが糞口感染です。罹患者の糞には原因となるウイルスや細菌が多く含まれています。トイレの便座から接触感染するケースも少なくないので、トイレで用を足した際は必ず手洗いをし消毒するようにしましょう。また、乳幼児のオムツ交換や家族内の食器や衣類、入浴時の感染も注意して下さい。
ウイルスに関しては流行する冬の時期は、インフルエンザなどの他の感染症の予防も兼ねてマスクの着用や、帰宅時や食前の手洗いとうがいを徹底して行うようにしましょう。


⇒ 原因に対する根治療法

⇒ 症状に対する対症療法

sponsored link



【急性胃腸炎.com】TOP

copyright©2014  【急性胃腸炎.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved